FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-30 00:00 | カテゴリ:小説(気象、山風)

凄くきっちりかっちりな完璧主義者さんなんだけど、長男には末っ子らしく甘えちゃう。

ツンデレで俺様な潤君。

生まれてきてくれて、ありがとう。

仕事が大変なのも分かるよ。

でも、たまには息抜きしようか。

貴方が頑張っている姿を、きちんとファンの子は見ていますよ。

体を壊さない程度に頑張ってね。

これからも可愛く、格好いい潤君で居て下さい。




(智から俺に、キスしてくんねーかなー)

(…え?)

(あ、居たの、智)

(うん。なんか言わなかった?)

(…ううん。なにも言ってないよ)

(?……そう)


▽8/30の出来事。


「じゅんー」

愛しい彼が俺を呼ぶ。

抱きついてきてるから、君の可
愛い顔が見れないじゃないか。

「なぁに?」

彼を見ようと振り向きながら、返事をする。と。

ちゅ。

小さいリップ音が聞こえ、俺の視界には彼の顔をドアップ。

「奪っちゃったっ」

と、やけに嬉しそうに彼は、ニノの元へと行ってしまった。

-あれ?

キス、されました?

その事に気づいたのは、キスされた10秒後。

ああ!!彼はなんて可愛いんだろう!!

そう思いながら、ニノと笑いあっている彼を抱きしめにいこうと俺は立ち上がった。




▽あの時の、独り言。




スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://1126sk0617.blog21.fc2.com/tb.php/72-fcc76961
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。